1. TOP
  2. 「記憶」

「記憶」

コラム 独り言 この記事は約 2 分で読めます。 22 Views

小次郎 ●会社員 (55)

息子たちがまだ小さかった頃のことを思い出していた。
半人前にも満たない父親としての自分がそこにいた。
息子たちに怒っている自分がいた。

何もあんなに怒ることはなかったのに。
理不尽な父親だった。
そう思うと、胸が痛んだ。

そんな出来事を息子たちはもう忘れてしまっているのだろうか。
忘れていて欲しいと思った。

息子たちは成人して、それぞれの途を歩んでいこうとしている。

自分が息子たちにいまさら言うことは無い。
それぞれが自分で途は切り開いて行くだろう。

半人前の父親だけがそこに取り残されている。
一人前になれない父親なら、早いうちに父親なんて看板は何処かに仕舞ったほうがもっと楽になれそうなそんな気がしてきた。

 


\ SNSでシェアしよう! /

【ミライ】60代のコラムサイトの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【ミライ】60代のコラムサイトの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • NO IMAGE

    「キューポラのある街」:吉永小百合主演の映画

  • NO IMAGE

    あさま山荘事件

  • NO IMAGE

    「イメージの詩」

  • NO IMAGE

    「ハリマオ」

  • さゆりすと:吉永小百合

    さゆりすと:吉永小百合主演映画

  • NO IMAGE

    「アイドルを探せ」