1. TOP
  2. 「チョーク投げの名手」

「チョーク投げの名手」

コラム 独り言 この記事は約 2 分で読めます。

3年B組  ●会社員 (37)

小学生の頃、私の担任の先生はチョーク投げの名手だった。
私語をしていたり、ボケッとしてたりすると不意にチョークが飛んできた。

それも不思議とコントロールが良くて標の生徒の胸元に命中していた。
そんなある種の緊張感の中で私たちは授業を受けていた。

何か仕出かすと授業が終わってから、校庭の片隅で水の入ったバケツを二つ両手で持たされて、罰として立たされたこともあった。

先生が厳しかったのか、私たちの悪さが度を越していたのか、今の記憶の中では判断のしようがないが、どう考えても分は先生の方にあったと思う。

そんな悪がきもいつの日か年を重ね、他人に説教するまでになっている。
あの時の先生がもし目の前にいたらどう言って私に声をかけてくれるのだろうか。
楽しみな空想に今陥っている私である。

 


\ SNSでシェアしよう! /

コラムサイト ミライの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コラムサイト ミライの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newmiray

この人が書いた記事  記事一覧

  • 青い山脈

    青い山脈:原節子、司葉子、吉永小百合

  • 二十四の瞳 高峰秀子

    二十四の瞳(高峰秀子が大石先生を演じた)

  • 田中絹代主演:「愛染かつら」

    田中絹代主演:「愛染かつら」を思い出してみた

  • 藤 純子:緋牡丹博徒シリーズ

    藤 純子:緋牡丹博徒シリーズを思い出す

関連記事

  • NO IMAGE

    「プロジェクトX」

  • NO IMAGE

    法定相続人がいない場合の特別縁故者とは

  • NO IMAGE

    「栃東優勝」

  • NO IMAGE

    寄らば・・

  • NO IMAGE

    連続無併殺打席数901

  • NO IMAGE

    「記憶」