1. TOP
  2. 「ザ・ベンチャーズ」

「ザ・ベンチャーズ」

コラム 昭和の事件 芸能 この記事は約 2 分で読めます。

やまちゃん  ●会社員 (53) 

あのベンチャーズが町おこしに一役買っているとのことである。
報道番組が取り上げていた。
ある小さな町の500人規模の会場に町民がこぞって集まって、年一回の公演を楽しむのだと言う。
その町での公演は今年で9年連続だとか。
来年の公演も約束してベンチャーズは帰っていったとのことであった。
その町にはベンチャーズのコピーバンドがいくつか存在しているようである。

59年シアトルでボブとドンの二人がデュエットバンドとしてデビューしてから40年以上経つ。
オリジナルメンバーの二人も今では68歳と69歳になっている。
彼らにとって日本での公演はライフワークそのものになっているようである。
結成以来2000回を超える公演を日本で行ってきたのである。

結成後大当たりしたダイヤモンドヘッドという曲がエレキブームを引き起こし、ザ・ベンチャーズという名を不動のものにしていく基礎を作ったのだった。
今年もあと26ステージ、彼らは公演に回るとのことであった。
そして毎年のように行われる東京・中野サンプラザでの最終公演で今年の公演を打ち上げるとのことであった。
ここ何年かご無沙汰していたが、今年はその中野サンプラザの最終公演に足を運んでみようと思う。
生の彼らの演奏は昔高校時代に感じた興奮を充分に呼び起こさせてくれるのである。

 


\ SNSでシェアしよう! /

コラムサイト ミライの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コラムサイト ミライの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

newmiray

この人が書いた記事  記事一覧

  • 青い山脈

    青い山脈:原節子、司葉子、吉永小百合

  • 二十四の瞳 高峰秀子

    二十四の瞳(高峰秀子が大石先生を演じた)

  • 田中絹代主演:「愛染かつら」

    田中絹代主演:「愛染かつら」を思い出してみた

  • 藤 純子:緋牡丹博徒シリーズ

    藤 純子:緋牡丹博徒シリーズを思い出す

関連記事

  • NO IMAGE

    「結婚しようよ」

  • NO IMAGE

    「 生まれてきたけれど 」

  • NO IMAGE

    「あなただけのハワイを見つけましょう」

  • NO IMAGE

    去り行く人たち

  • NO IMAGE

    まったなし

  • NO IMAGE

    「7月のハワイ」